スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

2組2位対3組優勝

こんばんは( ´_`)
昨夜遅かったので今日はすみやかに就寝するつもりでしたが、楽しみにしていた対局の感想だけ残しておきます。

第24期竜王戦決勝トーナメント 山崎隆之七段 対 佐藤天彦六段。どちらも応援している棋士ですが、山崎さんのほうをより強く応援していました。
後手番で十八番の1手損角換わりで、棒銀に対して山崎さんしか指さない受け方を。

しかし、この形ならわたしは後手をもちたいと思ってしまいます。

進んで居玉のまま攻撃態勢を作った上図はやはり美しい。新山崎流に続いてわたしの感覚に働きかけてくるような陣形です。
とはいえ駒がこれだけ上ずるとまとめきるのは容易ではありません。先手も▲5七角と設置して万全の態勢を築きます。それでも△6五歩と仕掛けていって、そこからわたしの目には1手の隙もなく勝った印象です。
山崎さん会心の1局でした。

影響されやすいわたしは一手損角換わりにつよく惹かれましたとさ。

ではんヽ(´ー`)ノ
スポンサーサイト

Tag:観戦  Trackback:1 comment:1 

ミステリアス・ストレンジャー

こんにちは( ´_`)
例のごとくタイトルは特に関係ありません。

第24期竜王戦トーナメントはすごいことがおきましたね。▲橋本崇載七段 - △羽生善治二冠。もちろん橋本さんを応援していましたがなんとなく負ける気がしていました。羽生さんがもっとも力を発揮できる持ち時間で、なおかつセンスが問われる相振り飛車になったからです。予想通り劣勢にたたされ負ける流れに……。ところが、わたしが24での対局を終わりにしたころ、もしや先手勝ちでは?という解説が。そこからはかぶりつくように観ました。
あの羽生さん相手に大逆転とは半端ないですね。受けの力の大切さを知りました。プロなら負けても指さない手の意味もちょっぴりわかった気がします。

さて自戦記。
まさか二段になってこんなに何度も筋違い角とであうとは思っていませんでした。



ぼろ負けですね。とにかく手持ちの角という利点を失ってはだめだと思いました。しかしこの▲1六のほうに角を引く形はプロの実戦にないんですよね。さあて困りました。

Tag:自戦記(角換わり)  Trackback:1 comment:0 

C級1組2回戦

こんにちは( ´_`)
雹ってすごいですね。

C級1組2回戦は上位陣に2連勝がいなくなり早くも混戦となってきました。ベテランが若手有力株をたおした戦いがいかにも老練な指し回しで見ごたえがありました。
さて応援している棋士はどうでしょうか。

△豊島 将之六段(1勝0敗)-▲稲葉 陽五段(1勝0敗)。豊島さんはまえから当たりが厳しいと言われていましたが、1回戦に続き関西四天王同士の戦いです。2手目△8四歩と指し、その局面10戦10勝の稲葉さんにぶつかっていきました。角換わり腰掛け銀△7三桂保留型から新手をだして、激しい応酬のなか1手差でリードしていたようですが、終盤でいつのまにか逆転されて負けてしまいました。何回見てもわかりませんが、角換わり腰掛け銀らしい1局で楽しめました。次こそ勝ってほしいです。

▲佐藤 天彦六段(1勝0敗)-△金井 恒太五段(0勝1敗)。こちらも1回戦に続き強敵となった佐藤さん。相掛かりを指向してそこから指したのが▲3七桂戦法でした。30手目の△8四飛をみての指し方だと思います。うまく戦いのなか玉を深く囲って勝っていました。攻め一辺倒の戦型だと思っていましたが、なかなかどうして見事でした。2期連続昇級じゅうぶんありえる気がしてきました。

ではんヽ(´ー`)ノ

Tag:観戦  Trackback:0 comment:0 

シルヴェストル・ボナールの罪

こんにちは( ´_`)
例のごとくタイトルは特に関係ありません。

すべてはここからはじまりました。
再開以来もっとも最悪な負けをきっして、その後連敗につぐ連敗をしたあの日……相横歩取りは1番研究してきました。ついにその相横歩との戦いになったのです。
快勝でした。前回の失敗がそのまま生かされて勝てました。それもそのはず、棋譜を確認したときに気がつきましたが相手の方一緒だったのです。

久々に純粋に喜べる将棋で10連勝。わりあい昔から調子の差は激しいほうですが、いやはや。
とにもかくにも自信の持てる戦型ができたのはいいことです。



ではんヽ(´ー`)ノ

Tag:自戦記(横歩取り)  Trackback:0 comment:2 

カサノヴァの帰還

こんばんは( ´_`)
例のごとくタイトルは特に関係ありません。

ええと……二段になりました。初段復帰から負けなしでなってしまいました。なぜなのか。いいところも悪いところもふくめて自分らしさがでた昇段の1番をふりかえります。



ふりかえったところで、好調の原因はわかりません。
まあわからないで負けているのとは違うので、自然に指していくとしましょう。

ではんヽ(´ー`)ノ

Tag:自戦記(角換わり)  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

cliche

Author:cliche
将棋倶楽部24二段( ´_`)
陳腐な居飛車党ヽ(´ー`)ノ

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。